HOPEオフィス長堀

メインテキスト画像

スライド画像

スライド画像

スライド画像

スライド画像

スライド画像

HOME(就労移行支援)(就労継続支援B型)←パンフレットはこちら!

ようこそ!HOPEオフィス長堀へ

  • 大阪の中心街、長堀橋。そのオフィス街の一角に、
    就労移行支援事業所と就労継続支援B型事業所の複合施設【HOPEオフィス長堀】が入るビルがあります。
    近くには、難波(心斎橋や道頓堀)や本町。すこし、歩くと北浜や淀屋橋、中之島などがあります。
    HOPEオフィス長堀には就労移行支援と就労継続B型があり、特にB型では、ネットと電子出版に特化したパソコン作業を行っています。パソコン作業を通じて社会への発信、未来を切り拓くことを目的とした作業で人気を博しています。
  • 先生また、編集長として数々の書籍などの出版に携わってきたスタッフによる採点、指導を受けることができ、本格的な執筆活動ができることも、当事業所の特徴となっております。(作品はHOPEBOOKSにて販売しております。)詳しい、説明を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

 

事業所が入ったビルの画像です。

作業風景です。

事業所内部の様子です。

事業所周辺です。

  • ホープグループ代表 (マネジメント語録)
    • 障害福祉サービスの施設を経営する経営者の語録を集め下記に掲載します。個性豊かな内容の話が多いですが、皆様にとって何かのご参考になれば幸いです。

      □ われわれの障害者の方への支援は、神に選ばれ委託を受けた大事な仕事という強い意識がないと続けられない。そして、それをどう皆様に本当に役立つ事業として実感してもらえるかという命題を追い求め続けないと事業継続は難しい。一方で、自立的な施設経営、仕事、私生活との両立など様々な日々の障害を乗り越える必要があり、人生は葛藤の連続である。それを「神から与えられた試練」としてどれだけ「感謝の思い」で乗り越えられるのか、肯定的な思いへ転換できるのか、自分が弱い人間の一人であることを自覚して日々、精一杯、努力し続けるしかない。

      □ 「人を愛し人のために生きる」とは実に難しい永遠に追い求め続けないといけないゴールの見えない崇高な理念である。われわれには、必ず善の心と邪悪な心が内在する。邪悪な心は邪悪な行動につながり、結果的に自分をさらに苦しい心、生活、立場へ追いやってしまう。善の心は、善の行動につながるが、なかなか周囲の評価や理解が得られることはない。厄介なのは、善の心、行動で生きていても、苦しい心、生活、立場になることであり、だから、われわれは、常に身近に様々な宗教を超えた神という絶対的なものの存在を信じて、神様だけは自分を理解し見守ってくれるという意識をもって生きることが必要なのであろう。

      □ すべての人間は、神の子であるが、とりわけ、生まれながらに障害をもたれた方は、神に選ばれた特別に大事な神の子である。その方々のために一所懸命に支援の仕事をさせていただくことは、実にこの上もなく精神的に豊かで贅沢なありがたいことである。願わくば、その仕事が物質的な豊かさにつながることだが、逆に日々物質的に貧しい状態が続いていると感じることもある。ただ、それは自分が設定している物資的な豊かさの基準が高すぎるからかも知れない。見方を変えると物資的に貧しいといっても、愛に満ちた家族や友人、仲間に恵まれ、贅沢をせず、工夫すれば、何不自由なく健康に暮らしていけるのであれば、それが一番であろう。なぜなら、余りあるほど豊かな金持ちや権力者を見て感じることだが、物資的に豊かであれば、精神的に豊かになれるもの、愛が得られるものに対しても、貪欲に一所懸命にお金を使われる傾向がある。しかし、欲望も強いので、なかなか満足できず、不思議だが、時には苦しんでおられる方もいるのである。結局、自分の人生の豊かさの基準をどこに置くかということが大事なのではないだろうか。

はたらく力
朝、起きて、身じたくをして、
公共交通機関(大阪メトロetc)を利用し、
しごと場に通います。
訓練を受けながら1日のリズムを作っていき
少しずつ、 はたらく力 をつけていきます。
さあ、就職に向けて
一緒にがんばりましょう。

HOPEオフィス北浜

HOPEオフィス堺

HOPEサポート北浜

HOPEBOOKS

太陽堂出版